初年度のSGEC年間管理審査

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは、沖中です。

先週、SGEC森林認証制度の年間管理審査の立ち会いをしてきました。

昨年7月にSGEC森林認証を取得された奈良県の集成材工場。コンサルティングから申請書類作成、審査立ち会いまでお手伝いさせて頂きました。

SGEC森林認証は、他の様々な認証制度と同様に、取得後はルールにのっとって業務がされているかを確認するための管理審査を、毎年受ける必要があります。

こちらの集成材工場さんは、今年が初めての管理審査となりました。

IMG_0230.JPG

まずは、申請時の書類内容と現状に違いが出ていないか、外部とのネットワーク構築の状況は?・・・などなど、書類を見ながら、世間話や今後の展望も含め、色んなお話をしました。

続いて、工場内のSGEC認証材の保管・扱いなどに関する審査に移ります。

IMG_0241.JPG

この工場では、ISOなども取得されているため、製品管理が徹底されていて、赤や緑のマーキングでの分別、識別がきちんとされています。SGEC認証材についても、特定の色を決めて、こんな風に一目で分るように管理されています。

IMG_0244.JPG

SGEC認証材の保管に関しても、特定の場所を設け、他の材と混ざらないような体制になっています。これは、認証取得時に申請した内容ですが、実際にその通りに管理されています。

IMG_0251.JPG

最後に、プレカット工場の審査。この工場では今後、SGEC認証の集成材の出荷を増やしていきたいと、ラミナの供給先の確保に努めておられますが、今の所、地元SGEC材をプレカットして一棟分を供給するという、プレカットでの関わりがメインになっています。

...と言う訳で、半日かけての管理審査は、無事に終了しました。

SGEC認証を取得したからといって、すぐに仕事が増える訳ではなく、色々な調整やPRなど、労力と時間がかかります。

1年目はそんなあれこれに時間をかけてこられたこの会社も、今年からは本格的なSGEC材の供給に向けて動き出します。

認証を取得された後の、PRやネットワークづくりのフォローも含め、今後も関わらせて頂きます。

それにしても、炎天下の中、広い工場敷地内を歩くだけで、顔も腕も真っ赤に日焼けしてしまいました...来年は気をつけようと思います(笑)