またまた興味深々な場面に遭遇

こんにちは、沖中です。突然の早い梅雨入りにはびっくりしましたが、今年もあっという間に6月になりました。2011年の前半の節目、頑張っていきましょう。

さて先週、恒例のニュースレター取材の旅へ行ってきました~

そこで目にしたのがチェーンソーの「目立て」。この工務店さんでは、木の住まいづくりをしているだけでなく、地域の森の手入れもされています。

この点が、この工務店さんの強みであり、他社との分りやすい違いの一つなので、いつもニュースレターには、森のお話を入れるようにしています。

なので森への取材も行かせて頂くんですが、これが本当に毎回楽しいんです。元々が林学と言う森や木について学ぶ学科出身の私には、全てがツボです(笑)

IMG_0029.JPG

それにしてもこういうシーンはとても興味深くて、ついついカシャカシャとシャッターを押してしまいます。

まなざしや手つき、音・・・どうにか伝えたいなぁと思って、ついついジロジロと観察してしまう訳ですが、大工さんや左官やさんなども同じで、そんな方が作業されている現場では、いつも胸が高鳴ります。

ところで、それぞれの工務店さんにはもちろん独自のカラーがあるのですが、お客さんにもカラーがあるように思います。

A工務店さんのお客さんには響かない内容でも、B工務店さんのお客さんには楽しく読んで頂ける・・・お客さんの反応をお聞きしていると、そんなことがよくあります。

それぞれの工務店さんのカラーに沿った、それぞれのお客さんが待っている。だからこそ、やっぱりオリジナルなニュースレターが必要だし、取り組んでいて面白い!と思います。

IMG_0018.JPG

建築現場では、こんな手づくりの杉の囲いが設置されていました。「できるだけ近隣に迷惑かけないように、あいた時間につくった」とのこと。

こんな気配りまでもが見えるニュースレターづくりをしていきたいなと改めて思いました。

そんな取材を終えて、原稿をおこし、レイアウトや校正が済めば、工務店さんにチェックして頂きます。

IMG_0051.JPG

この校正なんですが、やっぱりプリントして書きこまないとできないんですよね...。だからこうして「赤ペン先生」みたいに、いつも原稿が真っ赤になります(笑)

という訳で、6月号のニュースレター、もうすぐ完成です。