文章作成のちょっとしたコツ

こんにちは、沖中です。

今日からもう新年度、「こんな時だからこそ、頑張っていかないと!」と思っています。

さて、LineWorksでは、ホームページやパンフレット、ニュースレターにプレスリリース、さらには助成金申請の書類など、誰かに自分達のことをPRするためのツールづくりのお手伝いをさせて頂いています。

大学時代からずっと、森林や林業、木材という業界にいますので、今お手伝いさせて頂いているのはやっぱり、林業や木材、そして建築に携わる方々が多いです。

これらの業界は、何と言っても「技術」の世界。何年も修行をして技を磨いて、ようやく一人前になれる・・・そんな世界です。

IMG_2070.JPG IMG_9813_org.jpg

だから、ホームページのため文章作成、ニュースレターの原稿作成など、いざ「文章を書く」・・・なんて言っても、「そんなのできないよ」という方がほとんど。

でも、これって当たり前だと思うんです。ただ単に、「してないことはできない」ってだけの話です。

なので、いつも仕事では、そんなご本人達に代わって、私が取材をして話を聞き取り、文章を書いて、ホームページやらニュースレターやら、プレスリリースやらパンフレット・・・と、ツールにして仕上げることをさせて頂いてますが、やっぱり少しずつ自分でも「文章で表現」できると、ぐっと世界が広がると思うんです。

そこで、ちょっとした文章の基本やコツを、これからブログに書いていこうと思います。ご参考になればと思います。

まずは手始めに。

よく、クライアントさんが書かれた文章の追加や訂正、校正をさせて頂くのですが、一番気になるのは、「一つの文章の長さ」。文章を切らずに、長々と続けてしまうパターンが多いです。


例えば・・・

befor

木の家に住みたい理由は2つあり、1つ目は木の温かみと香りに包まれた生活がしたいからで、そして2つ目は木の家の自然環境への優しさ、消費エネルギー性など、環境に与える影響が少ないからである。

after

木の家に住みたい理由は2つある。1つ目は木の温かみと香りに包まれた生活がしたいから。2つ目は木の家の自然環境への優しさ、消費エネルギー性など、環境に与える影響が少ないからである。


元の文章を、短く区切ってみましたが、いかがでしょう?「短く言い切る」だけで、分かりやすくなると思いませんか?

「文章は苦手」という方は、まずは「文章の長さ」を少し意識してみて下さい。